withとタップルはどっちがいい?徹底比較してわかったイイ人に出会えるアプリ!

この記事に携わっている専門家

200個以上のマッチングアプリ/サイトを利用して、延べ130人以上と出会う。マッチングアプリ専門家として日刊SPAAMに取材を受けたり、ウレぴあ総研に恋愛コラムニストとして記事を掲載。

岡ちゃん編集者

Tinderで1,500マッチ、累計だと3,000マッチをした男。タップルは並行して利用し、Tinderとはまた違うノウハウを考え続けている。スワイプ式に慣れた結果、写真からリアルな顔を正確に想像する特技がついた。

超大手のマッチングアプリ、タップルとwith

なんとなくイメージが被るこの2つのアプリですが、どちらを使えば良いのかお悩みではないですか?

岡ちゃん
若い人が多そうで明るくてポップな感じで…なんかこう似てるんですよね…。
柏木りさこ
まぁ私は女性だからどっちも使ってみちゃうけど…
岡ちゃん
男は課金しなきゃだからそうもいかない。

男性にとってアプリ選びは深刻だし、女性も使うなら納得したものを使いたいですよね。

今回は、あなたがwithとタップルのどちらを使えば良いのか、徹底比較のもとにご案内していきます!

柏木りさこ
まずは両者のアプリ情報から確認をしていきましょう!

withとタップルの基本情報

マッチングアプリなびには、双方のアプリについて詳細に解説した記事があります!

柏木りさこ
しっかりとした詳細を知りたい方は上の記事から。

この記事では要点を絞って解説をしていきます!

基本情報

 withタップル
男性料金3600円4000円
女性料金無料無料
会員数100万人以上350万人以上
マッチ方式検索式スワイプ式

上記は2020年1月の時点でのデータです。

会員数が倍以上違うのは驚きじゃないですか?

出会いの可能性が倍違うわけですから、これはかなりのアドバンテージですよね。

実際100万も350万も多いんですが…。

また、withは検索して「いいね!」を送り、両思いであればマッチングするというシステムをとっています。

一方、タップルはスワイプ式で、表示された相手を「いいかも」と「イマイチ」の二択でさばいていくシステムになります。

withとタップルの年齢層

では続いて、withタップルの年齢層の違いを見ていきましょう。

まずはタップルの年齢層から!

タップルの年齢層

タップルの年齢層データ

女性は特に若い会員が多く、半分以上が25歳未満なんです!

意外にも男の30代以上が約45%を占めているので、年上彼氏が欲しい女性には持ってこいですね〜。

一方withの年齢層は?

withの年齢層

withの年齢層データ

女性はタップルと特に大きな違いはないですが、男性は20代の割合が全然違いますね!

同世代の彼氏・彼女が欲しい!と出会いのない職場で涙を流す社会人1〜8年目の方々には最適なアプリですね!

どういう人がいるか

マッチングアプリにおいて「恋愛に対する真剣度」というのは自己紹介文に現れると思っています。

基本情報は簡単に埋められますが、自己紹介文というのは頭を使って自己分析をした上で書かないといけないからです。

タップルの平均プロフィール例

これがタップルの平均的な自己紹介文の量です。

タップルのプロフィールの量はこれくらいだと覚えておいてください。

では続いて、withの会員の自己紹介文を見ていきましょう。

次がwith会員の自己紹介文です。

withの平均プロフィール例

そう、withの会員の自己紹介文は超長いんです。

岡ちゃん
骨が折れそうですね…

内容も「私は〜な性格と言われることが多くて、アプリを始めた理由は〜、だから真剣に恋人を探しています!」

というように、本気でパートナーを作りにこようとする気迫溢れる猛者ばかりです。

一方、タップルの自己紹介文では

「友達にすすめられて仕方なく始めました」

といった自己紹介文が多くみられます。

その分、ノリが軽い子が多いので、出会うまでのハードルはガクンと低いです。

あと、外見に自信?がある子が多い印象です。

また、使い倒すことで会員の雰囲気も全然違うことがわかりました。

タップルによくいる女性

タップルに
よくいる人
  • 18~22歳の学生
  • 暇つぶしも一定数いる
  • ふわふわカワイイ系
  • 返信率低め

withによくいる女性

withに
よくいる人
  • 20~25の社会人
  • 真剣に恋人を作りたい
  • さわやか美人系
  • 返信率高め

とりあえず、タップルwithでなんとなく会員の雰囲気が違うことがわかりましたね?

でも本質的なところは「会ってみないとわからない!」ということで会ってきました!

withとタップルを使って実際に会ってみた

とにかく少しでも可愛いと思った子にはアポを取り付けて、計9人に会いました。

with4人
タップル5人

全体的な感じを主観で紹介していきます⬇︎

with相性診断性格診断で割と共通点の多い子とマッチングできた。相手の内面を把握してから会うから、会った時のギャップはない。(良い意味で)

岡ちゃん
アプリ内で人数を絞ってから、”この人!”という人だけに会いたいという人はwith向きです。

タップル1枚目のトプ画が命のアプリなので、中身を知らなずに会って見ると話が全く盛り上がらないことも多々あり。

岡ちゃん
「クール系かと思ってたけど実は人見知り」みたいなギャップを楽しめる人にはタップルは向いているかもしれません

ちなみに僕はあの有名なアプリTinderタップルも本気で使い倒して比較しています。

Tinderタップルはアプリ内での操作や会員の年齢層がよく似ているため、よく比べられるんです!

withよりタップルが気になるかも?という人は確認する価値ありです!

それではwith VS タップルの勝敗です。

with対タップルの勝敗

 withタップル

ルックス

ドロードロー

真剣度

WinLose

出会いやすさ

LoseWin

結果:引き分け

みんな違ってみんないいってやつですね。

タップルwithのどっちがいいかは、自分が何を重要視するかによるってことです!

では、結論です!

withとタップルまとめ

withに向いている人

withに向いている人
  1. 落ち着いた恋愛をしたい人
  2. 恋人の条件では内面が最優先な人
  3. 忙しくて時間がない人

withにはあなたの性格を測る診断があるため、データに基づいて相手との相性を見ることができます。

岡ちゃん
この人、趣味は似てるけど、性格は自分に合うのかな?という疑問も持つ必要もないですね!

そしてwithは1人とじっくりメッセージを重ねていくアプリなので、時間のない人でもスキマ時間で出会いを作ることができます。

sponsored by 株式会社イグニス

タップルに向いている人

タップルに向いている人
  1. 恋人に限らず、交友関係を広めたい人
  2. 地方に住んでいる人
  3. 外見にある程度自信がある人

タップルは会員数が多いことから、地方に行ってもかなりの会員数がいます。

また、スワイプ式なので、一番最初の画面で「イマイチ」にスワイプされれば、自己紹介文すら読んでもらえません。

そのため、フツメンでも写真盛れに自信がある方はタップルで無双できるでしょう。

以下の記事ではタップルの口コミ評価から料金、仕組みまで網羅的に解説しているのでこれさえ読めばタップルの全てがわかります!

最後にマッチングアプリで彼女ができたブ男の物語を紹介します!気になる方はぜひ👇

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 MatchAppNAVI